ダイアリー

道具にこだわり、そこで作り出されるものを心から愛すること

投稿日:

道具にこだわること

面白いもので、文字を書く(キーボードを叩く)という行動は、魂が宿った場合と、そうでない時とで、その勢いと表現に雲泥の差がある。

あるときは、気がつけば1000文字に近しい文字を入力しても足りないほどの情熱でキーボードを叩き続けることが可能。しかし、想いが宿っていない時のそれは200文字でも恟々諤々、やっとの思いで書き上げて、読み返すと全く内容の無い文章となっている。

そんな時は「コントロール+Aで全文選択からの削除」という動作に全く躊躇なく実行可能である。

対して、興が乗っている時の文字入力に関して、タイプミスの冷めることったら在りゃしない——。

勢いと熱量で書き上げた文章が、読み返せばタイプミスばかりで、それを直すことで表現したかった想いの半分以上が抜け落ちているかのような感覚———。

文豪が「紙と鉛筆」にこだわったように、今の時代は「キーボードのタッチ」には最大限にこだわりたい。タイプミス、それだけでなくタイプしている時の気分の高揚、高鳴りを受け止めるだけの感触が必要である。

ノートとラックトップを使い分けて作業を行う時、どうしても良い文章が書けるのは、自分のお気に入りのキーボードを使っている時だけだ。
感覚的な叩き続けるキーの感触が、「書く」というリズムを高めてくれるわけだ。

文字を大事にするクリエイターは、騙されたと思ってこだわりのキーボードを選んでみると良い。そこから生まれる文字の集合体が、これまでのものとは全く違う魅力を演出してくれるはずだ。

道具にこだわり、そこから生まれるものを愛するクリエイターがどれだけいるだろうか——。私は、こだわりを持って取り組む姿勢こそが、そこから生まれるものに魂がこもると信じている。

-ダイアリー
-, , , ,

    

関連記事

Windows7の悪評を再認識したデジャブな午後の話

今日、取引先の事務所にて、久しぶりにWindows 7を操作した。 私が普段使っているOSはWindows 10 ───。Windows 7との間にWindows 8が存在するMicrosoft Wi …

「攻め」と「待ち」の中間の気分

何もない平穏な一日とは、なんとも不安なものだろうか。 今までのサラリーマンの日常においては、メールもない、電話もない、タスクもそれほど慌てるものはない、という「ない×3」の一日は、ひと時の安らぎ&#8 …

身近な課題を考えたことで問題解決の難しさを再認識した話

仕事でPCを使うようになってから視力の低下が止まらない。 もともとは裸眼で「2.0×2.0」の最適な視力を有していたが、年々下がり続け、いまでは「0.04×0.06」なんていうミクロの世界を表現するよ …

焦らずに取り組み続けること

何かを達成したいと願わない人はいないだろう。誰だってゴールを見据えてトライしているんだろうし、そんな目標を立てていなくても、もともと人は心理学的にも達成欲求というものが備わっているのだから…。 でも、 …

初体験「歌舞伎」を堪能したCEOの感想

日本の伝統芸能のひとつ「歌舞伎」を堪能してきました。 毎日の芸能ニュースでも度々取り上げられる「梨園妻の苦労」や「歌舞伎役者の素顔」などで目耳にする機会は多いですが、実際に劇場に足を運びその世界を体感 …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss