ダイアリー

マルチタスクが私のデフォルトです

投稿日:

マルチタスクがデフォルトだったサラリーマン時代───、何かをはじめればコチラからお声が掛かり、コチラに目を向ければアチラから問い合わせ…なんて。

これは本当に効率が悪い。まるで反復横跳びを数分ごとに繰り返しているような感じで、ついた”勢い”を殺して正反対に向かうパワーは、一方向へ向かう力の数倍から数十倍の労力が掛かり消耗も激しい。

その消耗戦はサラリーマン時代だから可能だったと、最近ではシングルタスク化を図っている。

無駄に消耗し、タスクの遂行が無責任なものになっては困る。代わりが居ない今の私の現状では、一つ一つを丁寧にクリアしていかなければならないと───。

 

タスクは常にマルチで動かすべき

しかし、これが「No Good」「間違い」であることに気が付いた。

サラリーマンとしてなら上記の思考で結構だが、今の私の立場では、タスクが何かの関係でペンディングした場合、それが再開するまでの間、思考と行動と計画がすべて止まることになる。

一つ一つを丁寧に対応するのは当たり前で、それはマルチタスクだろうとシングルタスクだろうと関係がないのだ。自社のシステムがシングルだからといってタスクをシングルにする必要はない。

 

製造業の組み立てラインは、そのラインを動かすときに多大な力が必要になるという。(物理的にも、資金的にも、また不具合発生の頻度も───)

エンストした自動車を人の力で押し進める時、動き出すまでが一番の力を必要とし、動き出してしまえば慣性の法則が働き、楽になる。

人もそう。一度止まった思考、行動、計画をいまいちど動かそうとすれば、そこには大きな力が必要になる。常に何かしらで動いていれば、そこに力を必要としない。

一つ一つを丁寧にと考えるばかり、その一つに取り組むためのパワーを要するのに時間がかかっていては本末転倒だ。

「兵は拙速を尊ぶ」───、弊社の行動指針に掲げた通り、また、諸先輩方にアドバイスを頂戴したとおり、常に動いていなければ丁寧すら発揮できないことになる。

───と、今日もサラリーマン脳を溶かしてくれる一つの出来事に出会った。

-ダイアリー
-, , , ,

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初体験「歌舞伎」を堪能したCEOの感想

日本の伝統芸能のひとつ「歌舞伎」を堪能してきました。 毎日の芸能ニュースでも度々取り上げられる「梨園妻の苦労」や「歌舞伎役者の素顔」などで目耳にする機会は多いですが、実際に劇場に足を運びその世界を体感 …

焦らずに取り組み続けること

何かを達成したいと願わない人はいないだろう。誰だってゴールを見据えてトライしているんだろうし、そんな目標を立てていなくても、もともと人は心理学的にも達成欲求というものが備わっているのだから…。 でも、 …

読書で得られる共感は心を震わせる話

最近は、移動の電車中や待ち合わせの時間の調整に「読書」を好んでしている。 時として、読書がしたいがために1時間早く外出することもあるほどハマっている。 なぜ突然「読書」にハマっているのか───、と問わ …

クリニック

ポリープがパリーポしてピループしたときの落ち着き

7月の末日。大腸の内視鏡検査を実行した。46歳の誕生日から1ヶ月が過ぎたころの初体験———。 人生の半ば過ぎまで来た年齢だけに、もっと細かな検査を受けてもよかろうが、一先ずは自覚症状があったことから、 …

「WIN×WIN」を提案されるのが得意ではないという話

ビジネスの取引用語に「WIN×WIN」の関係…なんて言葉がある。 この言葉、私はあまり得意ではない。得意ではないという表現は、いまいち鮮明さに欠けるが、この言葉を言い放たれると、それに対す …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss