ダイアリー

プロが撮影した写真素材よりも、素人のあなたが撮影した写真のほうが成果につながるという話

投稿日:

昨今のホームページのデザインにおいて、イメージ画像(写真)を画面いっぱいにレイアウトする「フルスクリーンデザイン」がトレンドです。

これは、トラフィックの拡大やワイドモニターの普及がもたらしたひとつの結果ですが、技術の向上、低価格化によって、世の中に魅力的なものが増えてくることは心躍ります。

 

「フルスクリーンデザイン」の “魅力” を演出しているのは「クオリティの高い写真」です。

写真の世界では、カメラなどの撮影機器のスペック向上と低価格化により、作品を生み出す人口が一気に増加したことで品質も飛躍的に高まりました。

また、iPhoneなどの常時携帯デバイスに高性能なカメラが搭載され「写真を撮る」という行動が日常的になったことも一役かっています。

昨今のホームページでは、デザインに用いられる写真画像の品質が直接ホームページの品質と結びつくほど大変重要なアイテムと位置付けられています。

だからこそ、高品質な写真素材サービスが急速に業績を伸ばしているのでしょうが、私としましては「一度ご自身で ”自社の風景や一緒に働くスタッフさん” を撮影してみてはいかがですか」とお声がけしています。

冒頭で記載した通り、昨今の機材は高性能で価格も抑えられ入手はそれほど困難ではありませんので、高画質な写真を撮影すること自体に高いハードルはありません。ご自身で撮影することで、身近な人が撮影するからこその素材では手に入らない「自社の雰囲気」や「働く人の笑顔」などが写真で表現できると考えています。

写真から滲み出る魅力はホームページデザインでは必要不可欠なもので、閲覧者の感情に訴えかけ直接コンバージョンへと繋がるものです。

「良い写真」を求め「素材の購入」を検討されている企業のホームページ担当者様へ───、「良い写真の入手」は目的を果たすための手段であり、最終的な目的は「ホームページからの問い合わせ(コンバージョン)」であることを再認識してもらい、コンバージョンは「良い素材」よりも「写真から滲み出るリアル」が最も影響することをお伝えしたいと存じます。

-ダイアリー

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恵まれた通勤環境だったことを知ったCEOの話

通勤は公共交通機関を使用していたサラーリーマン時代の私。乗り換え1回、それを挟む路線でそれぞれ10分程度の乗車で済んでいたこともあり、特に気にしてはいなかったのだが、今日は席取り争いの過熱さをリアルに …

日々反省、自分を戒める

人間だもの、忘れることだってある。 やらなければならないことが沢山ありすぎて────。 それでも忘れないように、メモに残したり、モニターの目のつく場所に記録したり───。 それでも「忘れてしまった。」 …

早起きしただけで知れた町の一面

挑戦を掲げていながら実行できずにいた「朝活早朝ランニング」をやってみました。 朝6時少し前から約1時間のランニングをし、シャワーを浴びて1日をスタートさせるという生活リズムを習慣化したいと思いたっての …

身近な課題を考えたことで問題解決の難しさを再認識した話

仕事でPCを使うようになってから視力の低下が止まらない。 もともとは裸眼で「2.0×2.0」の最適な視力を有していたが、年々下がり続け、いまでは「0.04×0.06」なんていうミクロの世界を表現するよ …

Windows7の悪評を再認識したデジャブな午後の話

今日、取引先の事務所にて、久しぶりにWindows 7を操作した。 私が普段使っているOSはWindows 10 ───。Windows 7との間にWindows 8が存在するMicrosoft Wi …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss