ダイアリー

ポリープがパリーポしてピループしたときの落ち着き

投稿日:

クリニック
7月の末日。大腸の内視鏡検査を実行した。46歳の誕生日から1ヶ月が過ぎたころの初体験———。

人生の半ば過ぎまで来た年齢だけに、もっと細かな検査を受けてもよかろうが、一先ずは自覚症状があったことから、勧められるがままに検査に同意した。

前日からの食事制限と、当日の検査準備としての下剤の服用———。日帰り検査というだけあって、入院などの面倒なことはなかったが、それでも日常と違う動作は億劫だった。
とはいえ、検査を行うクリニックも徒歩圏内と、恵まれた環境下にあったことは重々承知していた。

不思議なもので、検査中に恥ずかしさというものはなかった。それは、年齢からくる鈍感力と、相手のプロフェッショナルな対応(事務的な感じも含め)のおかげだろう。

ポリープは2つ見つかった。

検査中のポリープ切除は、その大きさによって出来るものとそうでないものがあるという。私のポリープはどちらも約1センチ。クリニックの検査途中で除去できるギリギリの大きさだそうだ。

2つのポリームを除去し、後日、顕微鏡検査に回されたポリープの結果を聞きに行った。
として成長していたであろうということ———。

へーそうなんですね。よかったよかった。
思いもかけない危機一髪に、それほど緊張感のない感想しか抱かなかったのは自分でも少し不思議だ。

-ダイアリー
-, , , , ,

    

関連記事

プロが撮影した写真素材よりも、素人のあなたが撮影した写真のほうが成果につながるという話

昨今のホームページのデザインにおいて、イメージ画像(写真)を画面いっぱいにレイアウトする「フルスクリーンデザイン」がトレンドです。 これは、トラフィックの拡大やワイドモニターの普及がもたらしたひとつの …

こんなに長い付き合いになりました。これまでの出会いに感謝した話

イラストレータさん(2児の母)とお食事に出かけました。 このイラストレータさんとは、もう17年ほどの付き合いとなるだろうか。私も彼女も、まだまだ若輩者と見られながら一緒に数々の制作に携わってきました。 …

「WIN×WIN」を提案されるのが得意ではないという話

ビジネスの取引用語に「WIN×WIN」の関係…なんて言葉がある。 この言葉、私はあまり得意ではない。得意ではないという表現は、いまいち鮮明さに欠けるが、この言葉を言い放たれると、それに対す …

道具にこだわること

道具にこだわり、そこで作り出されるものを心から愛すること

面白いもので、文字を書く(キーボードを叩く)という行動は、魂が宿った場合と、そうでない時とで、その勢いと表現に雲泥の差がある。 あるときは、気がつけば1000文字に近しい文字を入力しても足りないほどの …

早起きしただけで知れた町の一面

挑戦を掲げていながら実行できずにいた「朝活早朝ランニング」をやってみました。 朝6時少し前から約1時間のランニングをし、シャワーを浴びて1日をスタートさせるという生活リズムを習慣化したいと思いたっての …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss