ダイアリー

「無敵の思考──誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21/ひろゆき著」を読んで

投稿日:

2チャンネル、ニコ動などで名の知れる西村博之氏の新書「無敵の思考──誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21」を読んだ。

中盤以降は、氏独自の思考が垣間見れニヤケてしまう内容もあったが、驚きを感じたのが書の序盤───。

「年上のいうことは聞いておいたほうがトク」や、「体育会系の上司にはこうすれば気に入られる」などの記述は、常日頃からの”自分以外は無能”的な氏の言動から抱いていたイメージとは違い、一般の人が普通に感じることをあたりまえに意識しているということ。

私の氏を色メガネで見ていたことに気が付かされた。

しかし書を読み進めるとともに、その気づきのマスを少しづつ塗りつぶされていく気分は「やっぱり───」という予想通りの着地点に到達した気分だ。

とはいえ、今まで抱いてイメージとは少し違う氏の思考が感じ取れた。

また「無敵」を意識して日々を暮らしたことのない自分にとって「無敵」であることの”幸福感”は、大きく頭を縦に振り下ろすほど納得した。

このような納得感は、本書をまとめた編集者の能力の賜物と言えなくもないが、先入観を捨ててモノを見ること、感じること、受け入れること、が大切ということだろう。

ここ最近、ホリエモンやヒロユキ氏など、個性強めな事業家の書籍を手にすることが多くなったのは、私の中の何かが「変化」を求めてのことかもしれない。

-ダイアリー
-, , ,

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

情熱で心が震える場所を見つけた話

hapdesign(ハップデザイン)は、「幸せを設計する」という意味をもたせた造語でコレを社名としているわけだが、今日参加した会において「幸せ」を提供することを目的に掲げ、活躍している方々がたくさんい …

鼓舞激励を覚えた話

タメになるサービスやメリットが見いだせそうな商品は積極的に採用していくつもりであるが、細かなところで内容説明は求めたいところ────。 今日、そんな場面に出くわしたのだが、担当者の一生懸命に説明してく …

クリニック

ポリープがパリーポしてピループしたときの落ち着き

7月の末日。大腸の内視鏡検査を実行した。46歳の誕生日から1ヶ月が過ぎたころの初体験———。 人生の半ば過ぎまで来た年齢だけに、もっと細かな検査を受けてもよかろうが、一先ずは自覚症状があったことから、 …

happyという言葉が余りにもきれいに使われ過ぎて

なぜ人はこうも忘れっぽいのだろう。 狭い部屋で走り回り、柱の角に足の小指をぶつけ悶絶したこと、もう忘れて走り回る。 馬鹿なのか!? でもいいか。その顔に笑顔が溢れていれば───。   誰かが …

焦らずに取り組み続けること

何かを達成したいと願わない人はいないだろう。誰だってゴールを見据えてトライしているんだろうし、そんな目標を立てていなくても、もともと人は心理学的にも達成欲求というものが備わっているのだから…。 でも、 …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss