ダイアリー

初体験「歌舞伎」を堪能したCEOの感想

投稿日:2017年6月4日 更新日:

日本の伝統芸能のひとつ「歌舞伎」を堪能してきました。

毎日の芸能ニュースでも度々取り上げられる「梨園妻の苦労」や「歌舞伎役者の素顔」などで目耳にする機会は多いですが、実際に劇場に足を運びその世界を体感するのはこれが初めて───。

「歌舞伎」のために存在する舞台、衣装、役者、スタッフ、関係者、そして観客───。

ひとつの演芸ビジネスの組織的なパワーを感じました。

拝見した舞台は、その伝統的な世界観に加え、初心者にも分かりやすく「はじめての歌舞伎」という解説からはじまり、演目のあらすじや登場人物の紹介など、広く間口を広げた工夫がされていました。

さらには、SNSやブログなどで情報の拡散を呼び掛けたりと、ITを活用した情報発信も取り入れたPR活動を勧める柔軟性も見受けられました。

絶やしてはいけないと知りながら、それに貢献していない私たち

話は変わって、巷では「名店〇〇屋が経営困難で閉店することになりました。」などのニュースに、「えー残念!そのお店好きだったのに…」や「うそ!あんなに美味しいお店なのに…」などの街の声が報道されたりしています。

私も、「え!あのお店が!残念──」などと思ったこともありますが、思いと反し、そのお店にどれだけ足を運んだかと尋ねられれば「2~3年ほど前かな───」なんて。

そのお店のファンとして定期的に足を運んでいれば「経営困難」などにはならない。

無くなってから嘆いても遅く、そのお店に貢献すらしていないのに「残念」と───。

話を戻して、歌舞伎などの伝統芸能というものは、100年、200年の時間を費やしてはじめて「伝統」と呼べるものになることを考えると「残念」の一言で済ませるものではない。

ひとつのビジネスが大衆に受け入れられ、それを維持、継続していくということは想像も出来な程の大きな力と想いが必要です。

「継続は力なり」で築き上げたものは尊く、素晴らしい───。

弊社も「継続」を意識し1年1年歩んでいかなければならないことを考えると、偉大な「歌舞伎」の世界観に圧倒されました。

こんな想いを抱かせてくれた初歌舞伎でした。

 

 

-ダイアリー
-, , , , ,

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上手くいくときの自分のスタイルに気がついた話

なるほど。 熱い思いや志など、掲げたものを守らなければ───と意地を張るほど、頑なで柔軟性に欠けた自己が表面に現れるということを再認識した。 そうそう。 私はいつもそうだった。これまでの人生の中で、頑 …

「ナイモノねだり」は意識を低下させる

事業を展開する者において、尊敬に値する考え方は「ナイモノねだりをしない」ということ。 限られたリソースの中で最善の策を練る───。あたりまえと思うかもしれないが、結構これが出来ていない方も多い。 この …

道具にこだわること

道具にこだわり、そこで作り出されるものを心から愛すること

面白いもので、文字を書く(キーボードを叩く)という行動は、魂が宿った場合と、そうでない時とで、その勢いと表現に雲泥の差がある。 あるときは、気がつけば1000文字に近しい文字を入力しても足りないほどの …

Windows7の悪評を再認識したデジャブな午後の話

今日、取引先の事務所にて、久しぶりにWindows 7を操作した。 私が普段使っているOSはWindows 10 ───。Windows 7との間にWindows 8が存在するMicrosoft Wi …

鼓舞激励を覚えた話

タメになるサービスやメリットが見いだせそうな商品は積極的に採用していくつもりであるが、細かなところで内容説明は求めたいところ────。 今日、そんな場面に出くわしたのだが、担当者の一生懸命に説明してく …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss