ダイアリー

サラリーマン脳を溶かすために考えていること

投稿日:2017年6月17日 更新日:

「浦和 蔦屋書店」に行ってきました。

この書店は、代官山、函館、湘南、梅田に次ぐ5店舗目のフラッグシップのようですね。(詳しくはこちらから。)

スターバックスと併設された店内は、ドリンクを購入すれば店内で新書、雑誌など読み放題です。まるでブックオフ状態!ですが、読めるのは新書なのでお得感が満載です。

書籍は、本を購入することでその著者への印税や、編集部、発行元の収益につながるわけですが、このビジネスモデルで売れるのはスタバのドリンク、軽食───。はて。スタバが書籍を買いとって陳列しているということでしょうか。

だとしても、売っているドリンクは同系店舗と同額なわけで…。そうなると収益は客単価をあげることがマスト条件となりそうです。(本を読む人や、本来のスタバのターゲット行動を考えても、回転率はさほど高くないでしょうし───。)

インターネットでググっても、この収益モデルは「書籍を手にする人が、ドリンクを購入することでその書籍代を賄っている」とされています───。

確かに、親書を読もうとすれば1~2時間は滞在しそうで、スタバのドリンクは少々お高めだったとしても、2杯くらいは注文するかもしれません。となると、1,000円程度の書籍代がドリンクに移管されて───。

などなど、素人ながらその収益モデルに思考を傾けてみましたが、計算機片手に深く深く考察とディスカッションしなければ答えも出ず。大手のマーケティングのプロ達が戦略的に計画してるのでしょうから、確実な収益性を見越しているのでしょう。

こんな新しいビジネスモデルに触れるのも、サラリーマン生活で頭が固くなった私にはよい刺激となります。

また、そこで閲覧した書籍がこちら…。この人のことは好きでも嫌いでもありませんが、この人の言葉や思考は、私のサラリーマン脳を溶かしてくれそうな気がして、最近読んでいます。

-ダイアリー
-, , ,

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カメラってこんなにも奥深いものだったのか!?と気づいた話

ホームページの魅力を左右する ”写真” 。成果に直結する素材だけにカメラマンには執拗に要求を提示する。 しかし、カメラに関する知識が乏しければ正確な要求が出せぬと、カメラを勉強しだしてからハマってしま …

警告メールをスパムと疑い遠回りした話

昨日、Skypeから「セキュリティ情報が解除されました」という内容のメールが届いた。 身に覚えのない内容にスパムを疑ったのですが、最近流行りの「乗っ取り」だったら困るので内容を確認することに&#823 …

happyという言葉が余りにもきれいに使われ過ぎて

なぜ人はこうも忘れっぽいのだろう。 狭い部屋で走り回り、柱の角に足の小指をぶつけ悶絶したこと、もう忘れて走り回る。 馬鹿なのか!? でもいいか。その顔に笑顔が溢れていれば───。   誰かが …

迷惑メールが迷惑だった話

スマホのキャリアアドレスに届く迷惑メールに困っている。 今まではそこまで酷くなかった迷惑メールだったが、ここ最近(1ヶ月くらい)の頻度は驚くほどだ。1日に10数件届くときもある。 ガラケーからスマホに …

読書で得られる共感は心を震わせる話

最近は、移動の電車中や待ち合わせの時間の調整に「読書」を好んでしている。 時として、読書がしたいがために1時間早く外出することもあるほどハマっている。 なぜ突然「読書」にハマっているのか───、と問わ …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss