ダイアリー

焦らずに取り組み続けること

投稿日:2017年10月16日 更新日:

何かを達成したいと願わない人はいないだろう。誰だってゴールを見据えてトライしているんだろうし、そんな目標を立てていなくても、もともと人は心理学的にも達成欲求というものが備わっているのだから…。

でも、生涯をかけて…、もしくは10年、20年の歳月をかけて、やっと達成できる事に対して、人はどれだけそれを達成したいと思うのだろう。

苦労に苦労を重ね、または生き死にの狭間を彷徨ってまで、達成したい欲求に駆られることはあるのだろうか?

そんなコトを思いながらトライしてきたことは無い。ただただ、今のベストを尽くしてきただけ…。冒険家と呼ばれる人たちも、登山家も、また、サラリーマンだって経営者だって、どんな人も「今の自分」は何かを達成してきたのだ。

年齢が、今の自分を肯定してくれた

この歳になったから分かるのは「継続が力」となって今の自分を支えてくれているという事実…。何を継続してきたかは様々だが、大きく言えば『人生』かな。

そして、いまの自分に在るのは、自分の役割を信じ、それを望んでいる人に提供し、喜んでもらえたことに甲斐を感じ、さらなる深みに邁進していくという繰り返し。

長らく歩みを続けているときは、その「ゴール」を見据えたくなり、早くたどり着きたいと願うばかりだった。しかし、今思えば、それはゴールではなくスタートだったような…。

たどり着いたゴールで立ち止まらずに、スタートとして歩き続けてきたから今があるんのかな。自分が目指しているゴールは、自分が決めた1つの節目、ポイントであって、本当のゴールはまだまだ先の先の先…。

だから歩き続ける事が大事なんだな。焦って得られたものって、劣化も早いし、類似品も沢山出回るし…。

自身が「選択する」「しない」に関わらず、誰かに促されるまま続けてきたとしても、継続してきたことは、知らないうちに自身の血肉となり「価値」になる。そしてそれが、自身の「強み」になる。

自分が誇れるのは、続けててこれた事に対する感謝。

-ダイアリー

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恵まれた通勤環境だったことを知ったCEOの話

通勤は公共交通機関を使用していたサラーリーマン時代の私。乗り換え1回、それを挟む路線でそれぞれ10分程度の乗車で済んでいたこともあり、特に気にしてはいなかったのだが、今日は席取り争いの過熱さをリアルに …

上手くいくときの自分のスタイルに気がついた話

なるほど。 熱い思いや志など、掲げたものを守らなければ───と意地を張るほど、頑なで柔軟性に欠けた自己が表面に現れるということを再認識した。 そうそう。 私はいつもそうだった。これまでの人生の中で、頑 …

Windows7の悪評を再認識したデジャブな午後の話

今日、取引先の事務所にて、久しぶりにWindows 7を操作した。 私が普段使っているOSはWindows 10 ───。Windows 7との間にWindows 8が存在するMicrosoft Wi …

早起きしただけで知れた町の一面

挑戦を掲げていながら実行できずにいた「朝活早朝ランニング」をやってみました。 朝6時少し前から約1時間のランニングをし、シャワーを浴びて1日をスタートさせるという生活リズムを習慣化したいと思いたっての …

「無敵の思考──誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21/ひろゆき著」を読んで

2チャンネル、ニコ動などで名の知れる西村博之氏の新書「無敵の思考──誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21」を読んだ。 無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21 中盤以降 …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss