ダイアリー

読書で得られる共感は心を震わせる話

投稿日:

最近は、移動の電車中や待ち合わせの時間の調整に「読書」を好んでしている。

時として、読書がしたいがために1時間早く外出することもあるほどハマっている。

なぜ突然「読書」にハマっているのか───、と問われると、読書によって触れることができる”著者の見解、持論、考え方”などに興味を感じるから…と答える。

日常を暮らしているだけでは、第三者の考え方はなかなか知ることができない。

ましてや、偉人と呼ばれる方々や有名な有識者などのそれは、まったくと言っていいほど知る由もない。

 

自分が考えている世界観や、人生観、生き方、暮らし方、お金の考え方、価値の見出し方、などなど自分のアイデンティティと他者のそれが、どれほど大きく違っているのか?はたまた、どれほど近い意識を持っているのか?そんなことを感じたいがために「読書」をしているといってもよい。

1冊の書籍の中で、自身の思い考え、悩み、想うことと「共感」に値する考え方に出会うと震えるほどの興奮を覚える。

それはまるで、サッカーワールドカップの決勝戦の攻防を、手に汗握り観戦しているほどの興奮にも近い。

「読書」という静寂な”静”の行動の中にも、興奮という”動”の感情が沸きあがっているわけだから、人の感情は行動に比例しないものですね。

-ダイアリー
-, , ,

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初体験「歌舞伎」を堪能したCEOの感想

日本の伝統芸能のひとつ「歌舞伎」を堪能してきました。 毎日の芸能ニュースでも度々取り上げられる「梨園妻の苦労」や「歌舞伎役者の素顔」などで目耳にする機会は多いですが、実際に劇場に足を運びその世界を体感 …

焦らずに取り組み続けること

何かを達成したいと願わない人はいないだろう。誰だってゴールを見据えてトライしているんだろうし、そんな目標を立てていなくても、もともと人は心理学的にも達成欲求というものが備わっているのだから…。 でも、 …

happyという言葉が余りにもきれいに使われ過ぎて

なぜ人はこうも忘れっぽいのだろう。 狭い部屋で走り回り、柱の角に足の小指をぶつけ悶絶したこと、もう忘れて走り回る。 馬鹿なのか!? でもいいか。その顔に笑顔が溢れていれば───。   誰かが …

道具にこだわること

道具にこだわり、そこで作り出されるものを心から愛すること

面白いもので、文字を書く(キーボードを叩く)という行動は、魂が宿った場合と、そうでない時とで、その勢いと表現に雲泥の差がある。 あるときは、気がつけば1000文字に近しい文字を入力しても足りないほどの …

昔ばなしに花を咲かせた午後

仕事の繋がりであったとしても、20年もなんだかんだで付き合ってきた仲間というものは「友人」を通り越して「戦友」に近い感覚がある。 昨日、年に1、2度しか会わない友人に久しぶりに会ったのだが、話が進むと …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss