ダイアリー

読書で得られる共感は心を震わせる話

投稿日:

最近は、移動の電車中や待ち合わせの時間の調整に「読書」を好んでしている。

時として、読書がしたいがために1時間早く外出することもあるほどハマっている。

なぜ突然「読書」にハマっているのか───、と問われると、読書によって触れることができる”著者の見解、持論、考え方”などに興味を感じるから…と答える。

日常を暮らしているだけでは、第三者の考え方はなかなか知ることができない。

ましてや、偉人と呼ばれる方々や有名な有識者などのそれは、まったくと言っていいほど知る由もない。

 

自分が考えている世界観や、人生観、生き方、暮らし方、お金の考え方、価値の見出し方、などなど自分のアイデンティティと他者のそれが、どれほど大きく違っているのか?はたまた、どれほど近い意識を持っているのか?そんなことを感じたいがために「読書」をしているといってもよい。

1冊の書籍の中で、自身の思い考え、悩み、想うことと「共感」に値する考え方に出会うと震えるほどの興奮を覚える。

それはまるで、サッカーワールドカップの決勝戦の攻防を、手に汗握り観戦しているほどの興奮にも近い。

「読書」という静寂な”静”の行動の中にも、興奮という”動”の感情が沸きあがっているわけだから、人の感情は行動に比例しないものですね。

-ダイアリー
-, , ,

    

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリニック

ポリープがパリーポしてピループしたときの落ち着き

7月の末日。大腸の内視鏡検査を実行した。46歳の誕生日から1ヶ月が過ぎたころの初体験———。 人生の半ば過ぎまで来た年齢だけに、もっと細かな検査を受けてもよかろうが、一先ずは自覚症状があったことから、 …

恵まれた通勤環境だったことを知ったCEOの話

通勤は公共交通機関を使用していたサラーリーマン時代の私。乗り換え1回、それを挟む路線でそれぞれ10分程度の乗車で済んでいたこともあり、特に気にしてはいなかったのだが、今日は席取り争いの過熱さをリアルに …

道具にこだわること

道具にこだわり、そこで作り出されるものを心から愛すること

面白いもので、文字を書く(キーボードを叩く)という行動は、魂が宿った場合と、そうでない時とで、その勢いと表現に雲泥の差がある。 あるときは、気がつけば1000文字に近しい文字を入力しても足りないほどの …

正解はひとつではないということ

久しぶりにSkypeを使ってクライアントとやり取りをすることで、便利を再認識している。 音声通話は無料だし、チャットでのやり取りもレスポンスがよく軽快。また、添付ファイルも大容量のファイル転送が可能だ …

プロが撮影した写真素材よりも、素人のあなたが撮影した写真のほうが成果につながるという話

昨今のホームページのデザインにおいて、イメージ画像(写真)を画面いっぱいにレイアウトする「フルスクリーンデザイン」がトレンドです。 これは、トラフィックの拡大やワイドモニターの普及がもたらしたひとつの …

GoogleAds

自己紹介

プロフィール写真

株式会社ハップデザイン
Web&ITコンサルタント兼CEO
吉岡 幸一

2017年5月_制作会社より独立し、中小・ベンチャー企業に特化した「企業ホームページブランディングサービス」を提供する『株式会社ハップデザイン』を設立。
約20年に及ぶウェブ制作および企業のWeb活用サポートにおけるナレッジを、少しでも多くの方々へお届けするため日々奮闘中です。

follow us in feedly follow on rss